FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ニューヨーク市場が連日の大幅安。オバマ大統領が表明した金融規制策がどうのと報道されているが、正直な話、この程度の大幅安ではもうあまり気にならない。
 今後もマイナス材料が出れば、この位の下げはあるだろう。まぁ、ちょうどいい調整だ、位に考えておいて差し支えない。
外国人の買いで上昇基調が続いていたようなので、一旦は下げてもらった方がむしろ買いに入り易い。

政治報道では小沢幹事長の事情聴取があったが、それで捜査が一気に進展し新たな局面を迎えた、と言うほどでもない。小沢幹事長の虚偽記載への関与と土地購入資金の原資が、問題となっているのだろうが、ロッキード事件などでは、たしか職務権限の有無も大きな争点となっていたような気がする。なら過去の疑獄事件と同一に考える訳にもいかないのだろうと思うのだが、民主党や小沢幹事長の進退に対する世論には無視できない大きな影響を与えることにはなるのだろう。
同じ政治とカネの問題とは云え、立件の内容が時代を経て変質していくのも一概に理不尽だと主張する気はない。
だが私は、東京地検が権力の不義や不正を正す法の番人、正義の味方だなどとはさらさら思っていない。
 この高度な職能集団もまた、法に基づく権限を有した公権力の組織である以上、自らの権能の発現を最大限に追及する官僚組織の一部なのだ。
私は、そこに広義の利権といったようなものをつい想像してしまう。
一連の小沢氏の政治資金問題も、政治家の利権と官僚組織の利権、この二つの相対立する利権同士のテリトリー争いにも見えなくはないのだ。

 ところで、名護市長選、普天間基地の辺野古移設反対を掲げる稲嶺氏が当選したようで。
 民主党もある意味悩ましいでしょうね。でも鳩山サン、ここは覚悟を決めましょうよ。腹くくって、やっぱ県外移設です!って言ってね。
スポンサーサイト



テーマ:政治・時事問題
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。