FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 このところ市場は低迷。ニューヨーク市場が、経済指標なんかの好材料にも悪材料にも過敏に反応し、大幅に値を上げ下げしても、それに対する東京の反応は鈍い。
 ニューヨークが上げようが国内で多少の好材料が出ようが、反応は鈍いようだ。で、自分の稼ぎも冴えない。年当初に較べれば資金額はやや増加してはいるが、あまり褒められた結果でもない。
 
 野田スクリーンの値動きがどうも弱い。業績回復銘柄、のつもりで買ったのだが、ずるずると値を下げている。まぁ、僅か5株だからたいした損失でもないのだが。
しかし、買う時にもうすこし現在の低迷相場も考慮すべきなのか。
 この弱い低迷相場では、チャートやトレンドにあまり頓着しない無造作な逆張りではあまり結果が出ないのかもしれない。
 ここは、すなおに上昇トレンドに乗った銘柄を捕まえて、マメに利益確定を積み重ねる方法が有効なのか?
 NECモバイリングは、上方修正で値が跳ねたところを、これまた無造作に買いにいってしまった。その後低空飛行を続けている。

 しかし、栗田工業は堅調な値動き。環境・水産業関連、というテーマ性と良好な財務体質、というつもりで買ったのだが、私が買った時は、環境関連の銘柄としては、結構出遅れ感のある銘柄だった。しかしこのところは実に堅調な値動きだ。あと2銘柄も一応プラス・・・。

 まぁ、今年も年末を間近に控え、たとえ僅かでもプラスのリターンを維持していることにとりあえず満足しておきましょうか。


スポンサーサイト



テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。