FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



地元沖縄の新聞報道記事は、連日岡田さんのワンマンショー状態。
鳩山総理が普天間基地移設問題に未だ明確な方針を打ち出していないにも関わらず、突然普天間基地は県内移設だと言い出し、おまけに外務大臣という立場も省みず、それは個人的な見解と弁解したかと思えば、今度は地元の反対も顧みず、嘉手納基地統合をブチ上げた挙句に訪米する、と言い出して、と、ほとんど暴走状態だ。

あの唐突なアフガン訪問にしても、この人のやることはどうしてこうも場当たり的なのか。アメリカの圧力はかくも強大なものなのか?
ゲーツ国防長官の脅しにかなり浮き足立っているんでしょうか?
多分、ゲーツ国防長官の恫喝外交はかなり強烈だったのでしょうね。だが、それにしても、外務大臣 なんだから・・・。こんな始末では北朝鮮なんかとは到底渡り合えないですぞ。

 情けないことに日経新聞の社説では、すこしお疲れでは、と同情さえされる始末だ。社説によると、今訪米しても子供の使いになってしまうんだそうである。」

嘉手納にこだわる外相の疲れが心配だ


 だが、子供のお使いならまだいい。
 あるいは岡田さん、不用意にアメリカに乗り込めば、アメリカ政府に態よく丸めこまれ、余計な宿題を沢山持たされて、ドンと背中を押されて帰されたりしたら、子供の使いよりはるかに始末が悪い。

 私は未だに普天間基地の移設問題はオバマ訪日までに、方針を決定する必要なんか全くない、と思っている。
 普天間基地の移設方針を、オバマ訪日までに結論を出すことを強要すれば、日本政府には検討の時間も余地もなく県内移設の結論を出さざるを得ないと、ゲーツのおじさんに足元を見られているとしか思えない。

 対等な日米同盟といい、東アジア共同体といい、理念ばかりが先行し、中身は全く伴っていない鳩山構想にアメリカ政府が過敏に反応し、その過敏な反応に日本政府がまた過剰反応するというゆれ戻しの波風もまだ収まりきれないこの時期に、何故普天間基地移設問題に性急に結論をだす必要がある。
  鳩山さん、ここは今は何も決断しないとい決断を秘めた沈黙で、東洋人の神秘?をアメリカ人にアピールして欲しい。仲井真知事も早く国の方針を、と政府にしつこくおねだりするのはおやめなされ!
 普天間基地移設問題は、もう少し暗中模索状態でいきましょう。

 今日の琉球新報の報道によると同社が入手したアメリカ在日米軍の資料ではSACO協議中の調査研究においては県外移設を「最高点」と評価していたことが、判明している。
検証作業を進めていると、繰り返す岡田さんや外務省は一体これまで何をどう検証しているのでしょうか。

普天間飛行場移設先「県外」が最高点 米軍、96年に比較
 
  アメリカ政府が普天間基地の県内移設に強く固執するのは、ただ県内移設が最善だから、という理由だけではいのだろう。
  鳩山政権における普天間基地の移設間見直し方針は、ただ単に県民の負担軽減のためという理由だけではなく、対等な日米同盟の構築という文脈のなかで、語られている、とアメリカ政府は捉えているからではないだろうか。多分。
  アメリカ政府が普天間基地移設の現行案の実施をかくも強硬に主張するのは、おそらくは、対等な日米同盟や東アジア共同体構想によって日本がアメリカのコントロール下から離脱し操縦困難になることに対するアメリカ政府の深い危惧の念が背景にあるからではないだろうか。
  そして岡田外相の迷走も日本政府がそこのところを読み誤った結果だ。

  対等な日米同盟といえば、随分聞こえはいい。
 だが結局のところアメリカは対等な日米同盟など全く望んでいない、むしろ忌み嫌ってさえいるのだ。
 そんな現実がだんだん表面化していくという状況に鳩山政権も直面することになる、とまぁ、これが、私がイメージする日米関係の当面のシナリオでございまして。ハイ!
スポンサーサイト



テーマ:政治・時事問題
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。