FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ひょっとしたら自民党最後の首相になるかもしれない福田政権の改造内閣が発足。
 前政権のお下がり内閣からやっと目出度く自前の内閣にリニューアルしたにもかかわらず、支持率はさほど上がってはいないようだ。市場のほうも御祝儀相場がある訳でもなく無反応。
 日経新聞が改造内閣を手堅い、と形容したとおり、妙なスキャンダルさえ出てこなければ、これといったケチはつかない内閣なのだろう。どちらかといえば重量型なのかな。
 解散総選挙が控えている波乱含みの政局で消費税の値上げにもあえて言及したのは、ある意味で地に足がついているとも言える。

 麻生を幹事長に据えたことで、とりあえず当面は、福田降しも封じ込めたのだろう。
しかし、公明党がそろそろ政権離脱のタイミングを探ってきてるような動きだし。本音を言えば福田政権下での解散総選挙はやりたくない、ってことか。                     
 公明党だけでなく自民党内にもそう思ってる人間が案外多いのでは。
だが福田政権の解散を封じ込め、退陣させて首を挿げ替えるなんて芸当が今の自民党に出来るのか?
 かっての自民党には田中や金丸など、それが出来る影の実力者がいたと思うのだが。
 
 マスコミは、解散の時期を年末か年始かなんて、盛んに報道しているが、問題は解散の後の展開。
もし福田首相が解散に踏み切れば、それが政界再編のきっかけになる可能性は結構あるのだと思う。

 もちろんすぐに政界再編、ということではないのかも知れない。
選挙でもし自民党が惨敗すれば、公明党が政権離脱し、一旦は民主党政権が発足するのかもしれない。だがどうせ長続きはしない。短命に終わる、と私はヨンでいるのだ。で、その後に政界再編があるのでは。

 もともと民主党は、反自民勢力というお題目の下に結集した多国籍軍では。党固有の政治理念や政策的なアイデンティティは実に希薄な政党だ。
 自民党のように中央官界から地方に至るまで広範で強大な利権構造を体現したような政党でもない。     
 政権をとっても政策的にはいずれ行き詰る、と私は思っている。
もし本当にそんな展開になったその後に、政界再編、がなければ、この国はもう終わり?おっとそれはチト言い過ぎか・・・。
スポンサーサイト



テーマ:政治・時事問題
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。