FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日経平均の値動きが冴えない。
こんな状況では私も少々動きづらい。というより積極的には動かないほうがいいのだろう。
 日経マネーなんかの記事を読んだ限りでは、個人投資家で今年前半、プラスの運用成績を残したのは、需給やチャートを重視しこまめに利益確定と損切を繰り返す、という手法の人に多いようだ。
 しかし私の場合、もともとチャートによる短期売買、あるいは売りから入る手法にはあまり慣れていないので、やはり積極的には動かない、というスタンスが私には無難なのかも知れない。
しかし日米共に経済は減速。当分は株価の本格的な反転は期待しづらく、低迷相場が長引く可能性も十分ある。このところ原油価格が反落しているようだが、だからといって商品相場から引き上げた資金が、すぐ株式市場に戻ってくる、なんて単純なものではないのだろうし。
 この低迷相場を凌ぐためには,慣れていないから絶対やらない、という発想でもやっていけないかも。と、云う訳で、今後はなんでもあり、という発想も必要か。
 
 まぁ、塩漬けは作ってないので、一応損切りは出来てる、最悪の事態は回避出来てる、なんてここは楽観的に構えることも必要かも。
ただ、私のような勤め人の場合、株価の値動や相場の動きを日々こまめにチェックするというのも結構な努力が必要だ。この辺りの事情も、長期投資のスタンスに傾斜していく要因でもある。

 さて政局のほうも動きが。福田首相の内閣改造もにわかに現実味を帯びてきたが、もしやれば次は解散総選挙か、或いは福田降しが一気に表面化し退陣か。   その引き金を引く内閣改造になれば面白いのだが。このごろ政治面では面白いニュースがなかったので、やっと少しは面白い見世物が見られるのかな。
スポンサーサイト



テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。