FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ふと気がつくと、中国の胡錦濤・国家主席は帰っていた。
 で、私の今の正直な感覚を述べるなら、「結局この人、一体何をしに日本までやって来たんだろう」とそんなユルい疑問だけが残った訪日ではあった。

 もっとも江沢民の訪日のように行く先々で歴史問題を口にしてしつこく謝罪を要求するという実に険悪なことをやらかすよりは、いっそ何もしないほうが随分マシだ、とは思うのだが。
  安部前総理も晩餐会で、ちょっぴりアブないことも言ったようだが、だって空気の読めない人なんだから、という評価がすでに定着しているのか、なかなか大事には至りにくいようだ。
  
 中国は、北京五輪の成功にチベット問題の沈静化と、当面の難局を乗り切るのに精一杯で歴史問題どころではなくなったのか。
 だが江沢民が主席時代に、歴史問題によって中国の国民に刷り込んだ反日感情は多分根深い。

 胡錦濤は一体何をしに訪日したのか。どんな成果があったのか。
 その疑問を厳しく追及するのは日本の国民ではなく、案外中国の国民の方なのかもしれない。

 結局、戦略的互恵関係の構築は、日中関係においては今は何一つ解決しない方がいい、という解決策をとったのであった。

 
スポンサーサイト



テーマ:中国問題
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。