FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 現在、投資資金をさらに回収し、現金の保有比率は40パーセント近くになっている。特に決めているわけではないが、通常は10パーセント程度。
さらに、市場の動きに敏感な値動きの激しい銘柄から、値動きの少ないデフェンシヴな銘柄に入れ替えているので、私としては超守備的な布陣にシフトしている。

 日経平均が、一万三千円を再度割り込むことも想定し、リスクを最小限度に抑制するための布陣。もちろん一時的にでも相場が反転する可能性もある訳で、そんな時にはパーフォーマンスが低下してしまうが、やむを得ない。

 日経平均とは争わないと以前書いた。その理由なのだが、私のような少ない資金で運用していると、一度の損失が致命的なダメージになってしまう可能性も十分あるのでここは積極的に利益を取りにいきずらい局面だ。だからこんな荒れ相場では多少のパフォーマンスの低下は甘受しなければ。

 現在日本株は歴史的な割安水準にあると言われている。
たしかに市場の平均PERから見ればそれはそうなのだろう。
私は投資の専門家ではないので、どの程度割安なのかは判断は出来ない。
だが私はあえて、日本株は見た目ほどには割安ではない、という前提に立つことにする。

 PERやPBRという指標はあっても、割安かどうかの判断はある程度相対的な尺度も勘案して判断されることあるかも知れないのでは。
つまり、日本株の他に商品市場や外国債等、リスクとリターン、トータルな観点から日本株よりも高い投資効果が期待できる投資対象が他にがあるのなら、日本株が指標上は割安でも、投資戦略上はそれほどの割安感はない、とみなされる可能性はないだろうか。

 さらにPERも今現在の割安度を反映しているだけで、日本企業や日本経済の将来の動向がPERに反映されているわけではないだろう。

 急激な円高による企業収益の悪化、日本経済の景気の減速、一向に進まない、或いはすでに頓挫してしまったかも知れない構造改革、不透明な政局、そうした懸念材料をも株価が織り込み始めているのなら、やはり日本株は、指標から見るほどは割安ではない、という見解があってもおかしくはなのでは。
 いや、むしろほぼ適正な水準に近い、と考えるのは極端に過ぎるだろうか。

 私も数多の素人投資家の例にもれず、低PERの銘柄を見つけるとすぐに飛びつきたくなるという性を持っている。
 しかし、個別銘柄を選定する際にも、手を出す前に、一度はこうした懐疑的な観点から割安度を捉えなおすこともあるいは必要なのかもしれない。この銘柄は本当に見た目どおりの割安株なのか。それとも割安に放置されるだけの理由が他にあるのではないか?と。
 
 もちろん個人の投資家の知識と情報量では、その辺りを分析し判断するのはかなり困難であるのは間違いないのだろうが。


スポンサーサイト



テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
そうなんですか。会社の内部事情を直接把握できなくても、過去からの一定期間の内部留保金と時価の推移でその会社の不安材料の有無を推察できるわけですね。
 今後、参考にさせて頂きます・・・。
2008/02/21(Thu) 17:20 | URL  | utaki #-[ 編集]
例えば、暴落でPBRが0.5まで下がった会社が2つあるとします。それぞれの会社がその後10年間で400億円の純利益を出し、200億円を配当で放出したとします。

・会社A: 純資産1000億円、時価500億円 → 純資産1200億円、時価900億円 … 合格
・会社B: 純資産1000億円、時価500億円 → 純資産1200億円、時価600億円 … 不合格

会社Aでは、内部留保200億円増が時価400億円増に反映されていますが、会社Bでは内部留保200億円増が時価100億円増にしか反映されていません。

過去のある時点から計算して、内部留保1円が時価1円以上に反映されない会社には、将来に何らかの不安材料があると考えられます。低PBR株でも慎重に中身を見る必要はあるでしょうね。
2008/02/18(Mon) 11:01 | URL  | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。