FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 今日、NHKの新日曜美術館でムンク展を放映していた。
 実は私、先日、東京へ行った際に、このムンク展も観に行った。

http://www.tokyo-np.co.jp/event/bi/munch/works.html
 で帰りに葉書を買った。それがこの二点。

吸血鬼


声/夏の夜



 何故かこの二つの絵の葉書につい手が伸びた。むろん他の作品もなかなかよかったのだが。 何故この二つを買ったのか、その理由を無理やり後づけするならばだ。
両方とも女性がモチーフになっている、と思うのだが、男が女性に対して抱く欲望と憧れ、そして恐れ、その相異なり、かつ相矛盾する女性の二つの要素を表現しているようにも見える。

 つまり女の愛欲と純潔。
 もっと思いっきりベタな文学的表現を使うならば、娼婦性と処女性。それを女性の持つ本質的な二面性と捉えるか、あるいは、男というアバラの一本足りない生き物が女に対して抱く身勝手な妄想と憧憬と捉えるか、それは人それぞれなのだろうが。

 も一つ良かったのが歴史。でもちょっと画像探せませんでした!
一般に流布しているムンク作品のイメージとはちょっと傾向のことなる作品。長く枝を伸ばした大木の下で子供に語りかける老人。作品名と相俟って、変にストーリー性を感じさせる作品。
もっともムンクの絵は、もともとストーリー性とテーマ性が濃厚な作品が多いとは思うが。

 しかし、識者や評論家なら、ムンクの絵は、そんな通俗文学的な解釈に収まるようなモチーフじゃなくて、もっと生の奥深い本質に肉薄した芸術なんだぞ、と言うのかも知れない。

 この展示会の主題の核となるは<生命のフリーズ>だそうな。個々の作品を独立した作品として鑑賞するのではなく、全体を一つの作品として見る必要があるとムンク自身が考えていたからだそうだ。

 しかしだ、生命のフリーズ、というテーマで人間の生の本質に迫ろうとすればするほど、その背後に闇の如く存在する死という厳粛な現実と、その不安と怯えを引きずりだし、その破滅的なイメージの虜になってしまうという、というまことに不幸な資質の持ち主なんでしょうか、ムンクは。
 もし、ムンクの絵画が展示会の趣旨のように生命のフリーズ、というテーマで描かれているのとしても、私には、ムンクが表現したのは、結局、死という現実から滲みだしてくる不安と恐怖、そして狂気に脅かされ侵食され続ける存在としての生ではなかったか。

 まぁ、でも、結局絵画ってのは、頭で鑑賞するよりも、我々一般の鑑賞者はまず見て魅力的であればそれでいいのでしょう。

 その意味でこの展覧会、私なりにムンクの絵の独特さを味わえただけでも楽しかったかな。 奇抜な人物配置と色彩感覚。また死相漂う人物の顔面描写と不吉な情景。そして色濃い文学的なテーマ性。そして何よりも、その閉塞的な絶望感・・・。



スポンサーサイト



テーマ:絵画
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。