FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



福田新内閣が発足した。
で、巷では、今度の内閣を一言で言えば何内閣か、というお遊びが流行っているようだ。私が好きでよく見る番組、サンデープロジェクトの田原総一郎によれば、福田内閣は、幕の内弁当内閣なんだそうだ。具は多いが無個性的だ、というのがその理由。無個性的というのは、私もこのブログで書いた。田原総一郎も同じ印象を持っていたようだ。
 だが田原総一郎の場合は、その点をネガティヴに捉えているのではないか。私の場合は違う。その無個性を結構ポジティヴにも捕らえているのだ。

 揚げ足を取りずらい、つかみ所がない、敵が出来にくい、等々。

 で、私にとって福田内閣を一言で言えば何内閣、なのだが、

  送りバント内閣・・・。

 手堅いと言えば手堅い。だが安倍政権が既に倒れているのだから、ワンアウトからの送りバントだ。実に厳しい。下手をすればますますジリ貧だ。だが今の自民党の窮状からすれば、そう贅沢も言えまい・・・。

 安倍内閣が相次ぐ閣僚の不祥事で、オウンゴール連発内閣だったから、福田内閣がせめてゲームを壊さない内閣になれるかが焦点だ。
 だがここをうまく乗り切れれば、長期政権への展望もかすかに見えてくるかもね・・・。
 
 ただ、今度の総裁選で派閥の合意により福田が選ばれた経緯について、以前の自民党に戻った、という意見もあるが、それは違うと思う。

 総裁選挙の結果を見る限りでは、派閥の存立基盤の液状化はかなり進行しているのだ。もはや今の派閥にかっての古い自民党を復活させるだけのパワーなどない・・・。

 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。