FC2ブログ
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 信越化学が第一4半期の決算発表を好感され、360円の大幅高~♪
 
 経常利益は23パーセント増。決算内容自体は、市場の予想を上回るものではないだろう。実績予想の上方修正もなかった。しかし引き続き収益の拡大と成長性が確認できたのが買い安心感につながったか。
 
 もちろんPER26倍台は、決して手を出しやすい水準ではない。だが今後も現在のペースで収益の拡大が続くのであれば、あながち割高とばかりもいえないかも。

 当面はホールドでございます。
半導体市場は、DRAMの供給過剰による価格急落でサムスン電子の四―六月期決算の営業利益は36%減。しかし半導体シリコンウエハーの需要自体は堅調で今後も拡大傾向・・・な筈、と考えたい。

 株価はいよいよ一万円を窺う展開になってきた。今後も上昇を続け、一万円台の値固めができれば、次はいよいよ株式分割、という展開を期待しているのだが。 今後も楽しみだね!

 
 
 
スポンサーサイト



テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
シリコンウェハーシリコンウェハーまたはシリコンウェーハ (''silicon wafer'') は、高純度な珪素(シリコン)の薄円盤。ウェハー。概要珪素のインゴットを厚さ1mm程度に切断したものであり、インゴットの直径は6インチ (150mm)、8インチ (200mm)、12インチ(300mm)のも
2007/10/07(Sun) 15:06:39 |  半導体についての知識

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。